肌荒れと肝臓のケア

肌荒れ対策は血液浄化がカギ

肌荒れ シミ

内臓疾患の中でも肝臓の不調(肝機能の低下)は肌にも顕著に表れます。

 

肝臓は血中の老廃物を除去し、血液を浄化するという大切な役目があります。

 

しかし肝機能が低下すると、血液が浄化されず汚れたまま全身を駆け巡ります。

 

汚れた血液に対抗するため、肌はメラニンを大量に生成し老廃物から肌を守ろうとします。結果、肌が荒れたりシミの原因となるのです。

 

血色も悪くなるため、透明肌とは程遠くなってしまいます。

 

また、肝臓は栄養の貯蔵庫ともいわれ、働きが悪くなると摂った栄養素を貯蔵できなくなり肌に必要なビタミンBの不足につながり、肌荒れの原因になります。

 

肌荒れ対策には血液を正常に美しく保つことが必須であり、そのためには肝機能を正常に保つことがとても重要なのです。

 

肝機能を正常に保つ秘訣はコチラ